北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニック|八王子市 日野市 内科 消化器内科 内視鏡内科(胃カメラ 大腸カメラ)

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニック

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックの診療時間は9:00~12:00、14:00~18:00 ※土曜日:9:00~13:00 休診日:木曜、土曜午後、日曜祝日

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックの電話番号042-683-3881

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックはネットからの順番受付が可能です

京王線「北野駅」より徒歩4分

胸やけ

胸やけとは、みぞおちから胸骨の下あたりで食道が締め付けられるように感じたり、ちりちりと焼け付くように感じられる症状です。

胃酸が逆流し、食道を刺激してしまうことや、炎症を起こしてしまうことが原因となり、胸やけは引き起こされます。

日常生活から考えられる原因

食べすぎ・飲みすぎ

暴飲暴食、消化しにくいものを多く食べると、大量の胃酸が分泌されます。

この胃酸が食道へ逆流してしまい、胸やけを引き起こすことがあります。

特に脂っこいものは消化しにくいといわれていますので、食べ過ぎないよう注意が必要です。

刺激の強い食べ物やアルコール

アルコールやタバコ、香辛料、果汁、炭酸飲料は、胃酸の分泌を促進するため、胸やけの原因となります。

適量にしましょう。

加齢や肥満による筋力の低下

加齢によって筋力が低下するとともに、食道の筋肉も柔軟性を失ってしまいます。

すると、胃酸が逆流しやすくなり胸やけを引き起こすことがあります。

また、肥満になると胃や食道の筋肉が緩み、そこに腹圧が加わることで、胃酸が逆流し、胸やけを引き起こしやすくなります。

かがむ、横になる姿勢が続く

草むしりや日曜大工などで前かがみの姿勢が続いたときや、食後すぐ横になると胸やけを感じることがあります。

これは、食道の位置が胃よりも下か水平になり、胃酸が逆流することで胸やけを引き起こすからです。

また、寝る直前に食事をとると、胃酸の分泌が盛んなときに姿勢が横になるため胃酸が逆流しやすくなります。

ストレスによる自律神経の乱れ

ストレスを受け続けると、胃や十二指腸の働きをコントロールしている自律神経が乱れ、胃酸が過剰に分泌されることがあります。

過剰に分泌された胃酸が食道に逆流することで、胸やけを引き起こします。

ピロリ菌

胃の内部は、胃酸によって強い酸性の状態が保たれており、通常生物は生息できません。

しかし、ピロリ菌はウレアーゼという酵素を体内から作り出し胃酸を中和するため、結果として胃の粘膜に生息でき、胃の粘膜が傷つけられることになります。

ピロリ菌感染症についてはこちらをご覧ください

胸やけを引き起こす病気

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、強い酸性の胃酸が食道に逆流してしまい食道に炎症が起こることで、胸やけや胸の痛みなどのさまざまな症状が生じる病気です。

正常であれば、食道と胃の間をつなぐ下部食道括約筋が、胃の内容物の逆流を防ぐ「逆流防止弁」の役割を担い、逆流しないようになっています。

しかし、逆流性食道炎の場合は、何らかの原因によってこの役割が果たせなくなり、胃酸が逆流した結果、食道が傷つけられてしまいます。

逆流性食道炎についてはこちらをご覧ください

慢性胃炎

主にピロリ菌感染、慢性的なストレスや暴飲暴食が原因となり起こるとされています。

慢性胃炎になると胃の粘膜が弱まり、炎症が繰り返され治りにくくなってしまいます。

突然、胃痛や吐き気が起こり、多くは胸やけや胃痛、胃もたれ、膨満感、吐き気、げっぷなどの症状が慢性的に繰り返され、胃潰瘍になることもあります。

胃潰瘍

胃潰瘍は、食べ物を粥状に消化するために分泌されている胃酸が何らかの原因によって胃粘膜まで消化してしまい、胃の壁がただれて傷ついてしまう状態です。

ひどいときには、胃壁の筋層まで傷つけてしまいます。

症状の三大特徴として、痛み・出血・酸が出過ぎることによって起こる症状(胸やけ、呑酸)といわれています。

治癒と再発を繰り返す胃潰瘍は、ピロリ菌感染による影響も指摘されています。

胃潰瘍についてはこちらをご覧ください

十二指腸潰瘍

ピロリ菌やストレス、非ステロイド性消炎鎮痛剤、ステロイド薬などが粘膜に傷をつけ、さらに消化作用を持つ胃酸・消化酵素が十二指腸の粘膜や壁を消化することにより起こります。

予防法

規則正しい食生活

不規則な時間に食事をとることは胃に負担がかかります。

なるべく規則正しい時間に食事をとるようにしましょう。

また、食事の際は、脂っこいものばかりをとりすぎないように注意し、食べ過ぎには気を付けましょう。

アルコールやタバコも、なるべく適量を守るようにしてください。

食後に休息をとる

食べ物を消化するためには、消化器へ多くの血液が必要です。

食後すぐに仕事する、外出する、お風呂に入るなどして体を動かしてしまうと消化に必要な血液が手足に流れてしまいます。

食後30分はゆっくりと休む習慣をつけ、消化させるようにしましょう。

対処法

牛乳を飲む、ガムを噛む

牛乳は胃の粘膜を守る働きがあります。

胸やけが気になる際は、牛乳を飲んでみましょう。

また、唾液には胃酸を中和する作用があります。

食後にガムを噛み、唾液を分泌することで胸やけを抑えることができます。

お腹を強く締め付けない

胸やけを感じた際は、胃酸の食道への逆流を招きやすくする胃の圧迫を避けるために、ベルトや帯、コルセットは緩めましょう。

また、妊娠中は胃が圧迫されるため、注意が必要です。

食事は一度にとらず、何回かに分けてとると良いでしょう。

寝るときの姿勢を工夫する

横になったときに胸やけが起こりやすい場合は、背中に座布団や薄い布団を敷き、上半身をやや上向きとした高い位置にすると、胃酸の食道への逆流を防ぎやすくなります。

市販薬を使う

食欲不振や食べすぎ飲みすぎによる胃痛、胃もたれ、胸やけ、腹部の膨満感などには胃腸薬を服用してみましょう。

また、ストレスからくる胃痛、下痢、のどのつかえ感などの胃腸の不具合には、神経性胃炎に効能のある胃腸薬が効果的です。

最近では、症状ごとに選べる漢方処方の胃腸薬もあります。

どれがいいかわからないというときには、薬剤師に相談してみましょう。

慢性的な胸やけでお悩みの際には医療機関を受診しましょう

胸やけが慢性化しているときは、何らかの病気が隠れている場合があります。

こうしたときには、内科、消化器科、胃腸科の医療機関にて診察を受けましょう。

このページの先頭へ戻る