北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニック|八王子市 日野市 内科 消化器内科 内視鏡内科(胃カメラ 大腸カメラ)

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニック

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックの診療時間は9:00~12:00、14:00~18:00 ※土曜日:9:00~13:00 休診日:木曜、土曜午後、日曜祝日

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックの電話番号042-683-3881

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックはネットからの順番受付が可能です

京王線「北野駅」より徒歩4分

下痢

数が多く、水っぽい形のない便が出る状態が下痢です。

腸で胃から入ってきた食べ物の水分を十分に吸収することができなかったときや、腸からの分泌物が増加したときなどに下痢は起こります。

下痢の種類

下痢にも種類が2つあります。

  • 食中毒や腸内感染のように、突然起こり短期で治まる急性下痢
  • 3週間以上続く慢性下痢

慢性下痢の場合、原因としてほかの疾患が隠れている場合もあります。

日常生活から考えられる原因

食べ過ぎ・飲みすぎ

発熱を伴わない下痢のほとんどは、飲みすぎ、食べすぎ、あるいは冷えが原因です。

特に疲れているときは、消化機能が弱っているため、下痢になりやすくなります。

アルコールや刺激の強い食べ物

アルコールや、辛みの強い食べ物などを摂取すると、胃酸が多く分泌されます。

その結果、胃の壁の粘膜を傷つけてしまい、腸の筋肉の運動が活発となり、下痢を引き起こしてしまいます。

冷えによる消化機能の低下

冷たい物を飲みすぎるなどして胃腸が急激に冷やされると、胃腸の血行が悪くなり消化機能が低下します。

その結果、下痢になってしまいます。

また、冷え性によっても同様のことが起こるため、体を冷やさないようにしましょう。

細菌やウイルス感染

食中毒や赤痢、コレラ、風邪など、細菌やウイルス感染が原因となり、急性下痢を引き起こすことがあります。

これらの感染性急性下痢の場合、発熱や腹痛、吐き気、嘔吐なども同時に引き起こすことが特徴として挙げられます。

ストレスによる腸の痙攣

ストレスなどで緊張が高まると、腸の動きをコントロールしている自律神経が乱れてしまいます。

腸が痙攣し、動きが鈍くなることで、下痢や便秘となってしまいます。

下痢を引き起こす疾患

過敏性腸症候群(IBS)

腸と脳には密接な関係があり、脳が不安やストレスを感じると、その信号が腸に伝わり、影響を与えてしまうことがあります。

その際に起こる代表的な症状が過敏性腸症候群(IBS)です。

過敏性腸症候群(IBS)については、こちらをご覧ください

潰瘍性大腸炎

何らかの原因によって、大腸の粘膜が慢性的な炎症を起こし、粘膜がただれ、潰瘍が多発する病気です。

長時間、下痢と腹痛が続き、粘液や血の混じった便が出たり、発熱などの症状があらわれます。

比較的若い世代での発症が多くみられ、ストレスによって症状が悪化することもあります。

大腸ポリープ

大腸の粘膜にできるイボ状の突き出た腫瘍のことです。

ほとんどは良性のものですが、放置すると大腸がんに進行してしまうこともあります。

血便や下痢、便秘といった症状がみられることがありますが、早期のポリープは、自覚症状がありません。

定期的に大腸内視鏡検査を受け、早期発見・早期治療を心がけましょう。

当クリニックで行っている大腸内視鏡検査については、こちらをご覧ください

食中毒や風邪

サルモネラ菌やO-157、ノロウイルスなどによる食中毒、ウイルス感染による風邪、コレラや赤痢などは急性下痢の症状がみられます。

これらの疾患は同時に腹痛、発熱、嘔吐を伴うことが多いです。

日常生活の中でできる予防法

食べすぎ飲みすぎを避ける

下痢の原因のほとんどは食べすぎ飲みすぎです。

例えば辛いものや脂っこいものをたくさん食べると下痢を引き起こします。

また、お酒の飲みすぎも下痢になることが多いため、飲酒は適量を心がけるようにしましょう。

ストレスを発散する

ストレスが原因となり、慢性的な下痢を引き起こすことがあります。

ゆっくり休息する時間をとる、十分な睡眠をとる、ストレスを発散できる趣味を見つけるなどして、ストレスを溜め込まないように気を付けましょう。

タバコを控える

タバコに含まれるニコチンは、腸の筋肉の運動を急激に促すため、下痢を引き起こす原因となります。

喫煙していて下痢に悩んでいる方は、本数を減らすか禁煙に挑戦してみましょう。

対処法

急性下痢のときは胃腸を休める

激しい下痢は、脱水症状を引き起こすことがあります。

冷たい飲み物は刺激が強いので、うすい番茶、麦茶、ぬるめのミネラルウォーターを少しずつ何回にも分けて飲むようにしましょう。

胃腸を休めるためにも、おかゆやすりおろしたりんご、野菜スープ、脂肪分の少ない鶏のささみや白身魚、卵を使った料理を食べましょう。

慢性下痢の場合は食生活を改善する

腸への刺激が少なく消化の良い栄養価が高い食材を使って、体の抵抗力を上げていきましょう。

柔らかいご飯やうどん、さといも、じゃがいも、卵、鶏のささみ、柔らかい赤身の牛肉、白身魚、豆腐、納豆、バナナ、りんご、ヨーグルトといった食材を積極的に摂るようにしましょう。

また、牛乳などの特定の食品を摂取すると下痢になるという方は、その食品は避けるようにしてください。

市販の薬を使う

腸の粘膜に作用する止瀉薬は、下痢を止める効果があります。

さらに、下痢止めの効能がある胃腸薬や、腸内のバランスを整える効果がある乳酸菌が含まれた整腸薬なども効果的です。

下痢にお悩みの方は、まず医療機関を受診しましょう

長期間にわたる下痢、便に血が混じっているなど、下痢にお悩みの方は我慢せずに医療機関を受診しましょう。

このページの先頭へ戻る