北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニック|八王子市 日野市 内科 消化器内科 内視鏡内科(胃カメラ 大腸カメラ)

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニック

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックの診療時間は9:00~12:00、14:00~18:00 ※土曜日:9:00~13:00 休診日:木曜、土曜午後、日曜祝日

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックの電話番号042-683-3881

八王子市北野駅の内科 消化器内科 内視鏡内科 北野駅前よしだ内科・内視鏡クリニックはネットからの順番受付が可能です

京王線「北野駅」より徒歩4分

おしりから血が出た

トイレで便器の中を見た際に、血で真っ赤になっていたという経験はありませんか?

「痔になった」と思いつつ、心のどこかで「大腸がんではないか?」と心配された方もいるのではないでしょうか。

出血の部位、量、肛門から出るまでにかかる時間など、いろいろな要因によって血の色は変わってきます。

そのため、一概には言えませんが、「おしりから血が出る」症状を抱えた患者さまのなかで、圧倒的に多いのは「いぼ痔(内痔核)」の方です。

いぼ痔(内痔核)の場合、痛みはなく、真っ赤な出血

いぼ痔は、内痔静脈叢という血管が集まっている部分が大きくなったもので、強くいきむと噴き出すように血が出て、診察中メガネに血が飛ぶということもあります。

いぼ痔の多くは、排便時のいきみによって出血するため、新鮮な血液のまま便器を汚してしまいます。

よって、「痔の出血は真っ赤」ということが多いのです。

なかには、出血したものが直腸の部分にたまり、時間が経った後に赤黒い血となって出ることもあります。

ちなみに、いぼ痔の部分は痛みを感じる神経がないため、傷が付いていても痛みはありません。

いぼ痔の出血を治療するには、患部の血管に負担をかけないよう、生活習慣を見直す必要があります。

排便環境を整え、強くいきまず、短時間で済ませることが最も重要です。

坐薬や軟膏などの薬による治療も効果があります。

また、注射によって、いぼ痔を硬化させ、出血を止めるという治療もあります。

痔の治療方法の一つとして、手術をイメージする方もいらっしゃるかもしれませんが、出血の治療だけで手術を行うことはほとんどありません。

切れ痔(裂肛)は痛みを伴った出血

次に多いのは、切れ痔による出血です。

出血量は紙に付く程度のものがほとんどですが、時に量が多いこともあります。

切れ痔は、肛門の上皮が裂けた状態を指します。

この部分には、痛みを感じる神経があるため、切れ痔は痛みを伴います。

また、排便時に傷が刺激され、排便後まで何時間も痛みが続くという特徴もあります。

切れ痔の場合は、便を柔らかくし、傷を治す軟膏を付けることで治療することができます。

ただし、慢性的な切れ痔によって肛門が狭くなっている場合や、肛門ポリープを合併している場合には、手術が必要です。

なかには直腸がんによる出血の場合も

直腸がんや腸の炎症の病気(潰瘍性大腸炎、クローン病、虚血性腸炎など)によって、出血の症状がみられることがあります。

特に大腸がんにかかる方は、年々増加傾向にあります。

発見が遅れてしまうと、命にかかわる場合もあるため、肛門から出血のある患者さんは大腸内視鏡検査を受ける事をお勧めしています。

このページの先頭へ戻る